測地学

日本最初の実測地図を完成 子午線1度も高精度で

伊能忠敬(1745~1818年、測地学、日本)

 初めて実測をして日本の全地図を作ったのは、江戸時代末期に千葉県に生まれた伊能忠敬(いのう・ただたか)だった。

 当時の実測の方法は磁石で方位を確かめながら、「間(けん)縄」や「間ざお」といった物差しを使ったり、あるいは、つねに一定の歩幅で歩いたりして距離を測って行くもので、大変な地道な苦労の作業だったらしい。

 元商人で村の名主なども務めた伊能は、50歳で隠居してから江戸に出て測量技術を学び、55歳の時に行った蝦夷(えぞ、北海道)測量を皮切りに、全国各地の実測を始めた。そして71歳でリタイアするまで、10次にわたる各地の測量に関わった。

 それらによって完成した地図の精度には、日本にやって来た外国人も驚いた。ある時はイギリス人が幕府に日本沿岸を測量するよう強要してきたが、伊能が作った日本地図の写しを見せたところ大変驚き、「その必要はない」と言って、いそいそと退散したという。

 ところで、伊能が各地の実測を始めたそもそもの狙いは、地球の「子午線」の1度の距離を正確に測定することにあったと言われる。

 子午線は、地球の赤道に直交しながら南北の両極を通る経線のこと。北は子 (ね)の方向、南は午 (うま)の方向なので「子午線」。この1度の距離が分かり360倍すれば、地球の全周(360°)=地球の大きさ=が計算できる。

 何回かの実測の結果、伊能は子午線1度の距離を28里2分=110.75㎞=と突き止めた。これは現代の実測値とは約1000分の1の誤差しかない、かなりの高精度だった。

 伊能と同じころは、フランスでも子午線の測量が盛んに行われていた。1795年には法律で、パリを通る北極から赤道までの子午線の1000万分の1を「1メートル」と定めた。基準となる初期の「メートル原器」も作られた。

 ちなみに、地球の経線を基に決めたのが1m、ならば地球の経線一周はちょうど4万㎞であるはず。ところが、その後の詳しい測量で、経線の長さは約4万9㎞、赤道の長さは約4万75㎞と分かった。地球は完全な球体ではなく、横に平べったい「扁平」の形をしていることが分かった。