宇宙工学

‟宇宙旅行の父”がすでに考案 多段式・液体燃料ロケット、宇宙エレベーター

ツィオルコフスキー, コンスタンチン・エドゥアルドヴィチ(1857~1935年、宇宙工学、ロシア)

 人類の宇宙進出の第一歩を記したのが、1957年10月4日にソビエト連邦(現ロシア)が打ち上げた人工衛星「スプートニク1号」だ。