生物学

「白鳥の首型フラスコ」で 生物の自然発生説を見事に否定

パスツール,ルイ(1822~95年、微生物学・化学、フランス)

 「生物は生物から生まれる」と言えば、今はだれも不思議に思わない。でも昔の西洋では「生物は無生物から自然に発生した」と考えられていた時期がある。

 とくに17世紀に顕微鏡が発明され、身の周りのいろんな所から実に多彩な微生物が見つかりだすと、これらの微生物も自然に発生してきたものだと、主張する学者も出てきた。

 その主たる根拠となったのは「スープを煮沸して微生物を除去しても、しばらくすると微生物が出現し、腐らせてしまうから」だった。

 こうした生物の自然発生説を見事に否定したのが、フランスの化学者で細菌者のルイ・パスツールだった。

 パスツールは乳酸菌による乳酸発酵や、ワインやビールなどの酵母によるアルコール発酵について研究していた。発酵は、乳酸菌や酵母などといった特定の微生物が存在し、それらが働いて起きることを確かめたが、他にいろいろな種類の微生物が発生している様子は見当たらない。

 そこでパスツールは「空気中に漂う微生物がいろんなものに付着して繁殖するから、自然に発生したように見えるのだ」と考え、それを実証するために「白鳥の首型フラスコ」を作った。

 後に「パスツール瓶(びん)」とも呼ばれるこの器具は、先に果汁を入れたフラスコの首をバーナーで加熱して細長く延ばし、白鳥の首のようなS字形にしたものだ。

このフラスコを火にかけ、果汁を煮沸してから部屋に置いておいたが、何日たっても果汁は腐敗せず、何の微生物も発生してこなかった。空気中の微生物はこのフラスコの細い首の途中でとどまり、果汁まで到達できなかったのだ。

 パスツールの微生物の研究は、ぶどう酒やビールなどの低温殺菌法の開発のほかに、外科手術の成功率のアップにも役立った。手術による傷口が化膿して患者が死ぬのも、空気中の微生物(病原菌)によるものと考えられるようになり、その後、手術では必ず消毒が行われるようになったという。