医学

世界初のワクチン 天然痘の撲滅へ

ジェンナー,エドワード(1749~1823年、医学、英国)

「天然痘」(痘瘡:とうそう)というウイルス性の伝染病は、ヒトの皮膚に水疱(すいほう)や膿疱(のうほう)をつくり、時にはその大半を死に至らしめた。幸いに治っても、顔や腕などにあばたが残った。紀元前1100年代に没したエジプトのミイラにもその跡があったというから、人類は大昔からこの病に苦しめられていたようだ。

 18世紀のヨーロッパでも、毎年多くの死者が出るほど、天然痘が流行していた。そのため、都会に住むどんな貴婦人もあばた面だった。しかしなぜだか、牛の乳しぼりをする田舎の女性たちはあばたもなく、みな都会の女性よりも美しかったという。

 「牛の痘そう(牛痘)にさわった人は、天然痘にかからない」。そうした言い伝えを聞いた英国の田舎に住む開業医、エドワード・ジェンナーは実際に自分で確かめることにした。

 ヒトが牛痘にさわると、手に水ほうができるだけで、やがて自然に治ってしまう。そうした牛痘の女性から採った水ほうの液を、自家の使用人の息子(8歳)の腕に接種した。そして約2カ月後、今度は少年にヒトの天然痘を接種してみたが、少年には何ら症状は出なかったという。牛痘によって、少年の体内に天然痘に対する抵抗力(免疫)ができていたのだ。

 ジェンナーはさらに実験を重ねてこの方法「種痘」を確立し、1798年に論文を刊行し発表した。それに対しては「牛痘を接種すると牛になる」といった根も葉もない噂など、保守的な医者たちからの反発もあったが、この画期的な方法の論文は次々と外国語に翻訳されて、たちまちヨーロッパ全土に広がった。英国では種痘のおかげで、天然痘による死者が1年半の間に3分の1に減ったという。

 日本にジェンナーの種痘法が最初に入ったのは1849年ごろ、オランダ船で九州にもたらされたというが、それより25年ほど前にロシアからのルートで、いち早く北海道に伝えられていたとの説もあるようだ。

 いずれにせよ、ジェンナーは人類初のワクチン(ラテン語の雌牛〈ワッカ、vacca〉に由来)を作り上げ、人類に大きく貢献した。自然界での天然痘ウイルスは1980年までに、地球上から姿を消した。

〈メモ〉
 種痘は世界中で実施され、20世紀半ばまでには日本など先進国の多くが自国で天然痘を根絶した。WHO(世界保健機関)は1958年から、途上国を含めた全世界からの天然痘の撲滅計画に乗り出した。各国の全国民に隈なく種痘を行うことは不可能なので、天然痘の患者が発見された場合に、その人が1カ月ほど前から接触した人々すべてに種痘を行い、地道に感染拡散を防ぎながらウイルスを孤立させていく方法をとった。この封じ込め作戦が成功し、WHOは1980年に天然痘の地球上からの根絶宣言を発表した。

 しかし、その後も何度か人類のウイルスとの戦いは続き、2020年初めには新型コロナウイルスが中国から出現し、たちまち世界中に感染が拡大した。そのウイルスに対するワクチンも数種類が開発され、21年4月から日本でも接種が始まっている。