物理学

お風呂で発見 浮力の原理

アルキメデス(紀元前287~紀元前212年頃、数学・物理・工学・天文学、古代ギリシア)

 「へウレーカ(見つけたぞ)!」と浴槽を飛び出し、喜びのあまり、そのまま素っ裸で家に駆け戻ったのは、古代ギリシアの科学者アルキメデスだった。

 「見つけた」のが、今でいう「アルキメデスの原理」。水に沈んだ物体には、その物体が押しのけた水の重さに等しい「浮力」がかかる。──このことを、湯舟に入ることで湯のかさが増し、自分の体が軽くなることに気づき、発見したといわれる。

 なぜ、アルキメデスはその時、お風呂に入っていたのか。実は、地元シラクサの国王ヒエロン2世から宿題を出されたが、解決法が分からずに悩んでいた。そこでリラックスするつもりで、入浴をしていたらしい。

 その宿題というのは、ヒエロン2世が純金の王冠を作らせたが、職人が純金の一部をかすめ取り、代わりに同じ重さの銀を混ぜたという告発があった。そのため「王冠を壊さずに確かめる方法を見つけよ」と、学者として名高いアルキメデスに命令を下したのだ。

 解決策を見つけたアルキメデスは、問題の王冠と純金の王冠、純銀の王冠を水中に沈めてそれぞれの重さ(=体積)を計り、密度の違いから問題の王冠の不正を見破った。

 てこの原理にも詳しかったアルキメデスは、それを応用して一人で軍艦を引き上げた。大きな投石器を作って、敵のローマ軍を悩ませるなどしたという。

 「もし支点を与えてくれれば、地球だって動かせる」とも豪語していたアルキメデスだが、そうした自信が自分にわざわいした。

 アルキメデスが家で床に図形を描きながら考え事に夢中になっていた時、ローマ兵が踏み込んできた。思わずアルキメデスは「私の図形を踏むな!」と兵士を怒鳴りつけたものだから、腹を立てたその兵士に殺されてしまったという。