遺伝学

ダーウィン進化論に対する「突然変異説」 ‟メンデルの法則”も再発見

ド・フリース 、ユーゴー・マリー(1848~1935年、植物学、遺伝学、オランダ)

 生物はどうやって進化してきたのか? 1859年に進化論を提唱したチャールズ・ダーウィンは「自然環境に適したものが生き残り、不適切なものは淘汰される」といった「自然選択(淘汰)説」を主張した。

関連記事