化学

逃した「酸素発見者」の栄誉 何でもなめる癖で早世か 

シェーレ,カール・ヴィルヘルム(1742~1786年、化学・薬学、スウェーデン)

 科学の研究における発見や発明は「一番乗り」が名誉だ。ところが優れた実験科学者ながら、本人にあまり欲がなかったためか、残念にも「酸素の発見者」の栄誉を逃してしまった人がいる。スウェーデンの化学者カール・ヴィルヘルム・シェーレだ。