天文学

テニス後に見えた「緯度変化の周期性」 画期的「Z項」の発見に

木村 栄(きむら・ひさし)(1870~1943年、天文学、日本)

 肉体的な疲労は睡眠で取れる。精神的な疲労はスポーツをすることで取れるという。

 それを知ってか知らずか、自分たちの観測データの信頼性について半年あまり悩んでいた「水沢臨時緯度観測所」(現岩手県奥州市、国立天文台「水沢VLBI観測所」)の木村栄(ひさし)所長は、1901(明治34)年秋のある日、所員とのテニスを終えて研究室に戻り、改めて諸外国とのデータを見比べていて「あっ!」と気が付いた。

 「緯度の観測そのものに、鉛直方向の周期性が見落とされているのではないか」

関連記事