医学

血液の体内循環説 医学の古い常識くつがえす

ハーベイ,ウイリアム(1578~1657年、解剖学・医学・生理学・発生学、英国)

 常識をつくる科学、常識をくつがえす科学がある。

英国ケンブリッジ大学、イタリヤのパドヴァ大学を出て、ロンドンの開業医から国王の侍医となったウイリアム・ハーベイは、心臓がポンプの役目を果たし、血液が体内を循環していることを発見した。「血液循環説」といわれる歴史的な学説で、1628年出版の自著『動物の心臓と血液との運動に関する解剖学的実験』で発表した。日本では江戸時代初期のころだ。

 それまで当時の、アリストテレス学派を中心とした西洋医学では「腸で消化・吸収された食物は、肝臓に入って血液となる。その血液が心臓の右心室に入って、肺に行く。血液中の老廃物は、肺から気管を通って、鼻からすすとして、外に排出される。きれいになった血液は右心室に戻り、壁の小さな穴を通って左心室に入り、血管で全身に送られる」などといったことが、もっともらしく信じられていたという。

 上記のどこが間違いかは、少し説明が長くなるので、ここでは割愛させていただく。が、ハーベイはその間違い=正しい事実=を、多くの動物の心臓を解剖、観察し、しっかり実験することで確かめた。

 例えば、心臓に入る血液の量を死体で調べ、はく動の回数などから計算して、実に大量の血液が心臓から送り出されていることを突き止めた。

 これは「食べ物から血液がつくられる」と考えていたのでは、とても足りない血液量だ。ハーベイは「心臓から血管へ、血管から心臓へと、血液は絶えず循環している」と結論づけた。

 さらに、自分の腕をしばることで、静脈の血液が体の末端から心臓方向に流れていることを確かめたほか、血液の流れにおける心臓と全身と間の「大循環」、心臓と肺との「小循環」の仕組みについても明らかにするなど、それまでの医学界の常識を一変させた。

 ハーベイはほかに、シカを使って胎児の成長を観察するなど、発生学の研究も行った。ほ乳類の卵を見ることはできなかったが、「(人間を含む)すべての動物は卵から生まれる」と最初に唱えた人だった。