工学

白旗・銃声合図に電波試験 20世紀に到来した無線電信時代

マルコーニ,グリエルモ(1874~1937年、電気工学、イタリア)

 電気通信(電信)機を実用化し、モールス符号も発明するなどして「電信の父」と呼ばれるのはサミュエル・モールス(1791~1872年)。しかし当時は有線による通信だったので、その電線を張るのが大変だったらしい。大西洋をまたぎ英国・米国間に海底電線を敷く作業工事に至っては、1852年に始められたが何度も途中でつまずき、10年以上もかかってやっと1866年に成功したという。

 電線を使わずに、電波で信号を送る無線電信技術を実用化したのが「無線の父」と呼ばれるイタリア人のグリエルモ・マルコーニだった。

 裕福な地主の家に生まれたマルコーニは内気な性格だったこともあって、学校には行かず、何人もの家庭教師をつけてもらって学んだ。とくに興味をもったのが電気で、大学教授から直接教わったという。

 20歳のとき、その教授から科学雑誌を借りて読んだ、電波(電磁波)の存在証明の実験(1888年)を行ったハインリヒ・ヘルツ(1857~1894年)の追悼特集記事を読み、電波を利用した無線電信を思いついた。

 自宅の研究室で実験を重ねたマルコーニは翌年(1895年)、無線電信の屋外での実験に成功した。方法は、自分で考案の送信アンテナで電波を飛ばし、弟が受信機を持ち歩いて、信号を受信するたびに白旗を振って合図するというものだった。白旗の見えない山陰では、狩猟用ライフルの銃声を鳴らして知らせた。この実験では約2.5キロメートル間の通信に成功したという。

 こうした無線システムは、いずれ商業的にも軍事的にも価値あるものになるはずだとにらんだが、イタリア政府に見向きもされなかったため、マルコーニは1896年に母親と一緒に英国に渡り、開発を応援してくれる支援者を探した。英国に入国する際には、持参した無線装置を爆破装置と間違えられて、税関の人に壊されたりしたが、英国政府は実用性に着目し、すぐに特許が認められた。

 会社を設立したマルコーニは1900年までに英仏や米国、カナダなどに無線局を設置し、陸上と船舶、船舶と船舶の間の通信にも成功するなどして、一挙に無線電信は世界に広がった。この技術の確立でマルコーニは1909年にノーベル物理学賞を受賞した。

 その無線電信の有効性と重要性を世界に示した出来事が1912年の豪華客船タイタニック号の遭難事故。その後、外洋を回る大型船舶に無線装備の設置が義務付けられた。