化学

ガスバーナーの炎色で新元素発見 分光分析法の基礎築く

ブンゼン, ロベルト・ウィルヘルム(1811~1899年、化学、ドイツ)

 理科の実験でよく使われているガスバーナー。空気の調節を間違えて、いきなりボッと燃えて驚いた経験をもつ人が、読者の中にもいるかもね。実は、そうしたガスバーナーや家庭用ガスコンロなどの原型を発明したのはロベルト・ウィルヘルム・ブンゼンというドイツの化学者だ。そのため「ブンゼン・バーナー」とも呼ばれる。

関連記事